スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフル患者、減少続く=休暇の影響も-感染研(時事通信)

 昨年12月28日から今月3日までに全国約5000カ所の医療機関から報告されたインフルエンザ患者は、1カ所当たり10.22人で、前週の19.63人から大幅に減少したことが12日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。減少は5週連続。ただし、感染研は「冬季休暇期間で、大半の医療機関で休診日が多かったことも関連している」とみている。
 1週間の受診患者は推計約63万人で、夏以降の累積は推計約1816万人。検出されるウイルスは依然ほとんどが新型。 

【関連ニュース】
この冬どうなる?インフル流行=新型減少も予断許さず
インフル患者、3週連続減=いったんピーク過ぎる
新型インフル輸入ワクチン、従来と異なる製法=副作用懸念の声も
インフル「ピーク過ぎつつある」=患者、2週連続減少

<西松建設違法献金>裁判で窓口役の部長が実態などを証言(毎日新聞)
小沢氏「意図的に法律に反する行為していない」(読売新聞)
漁船不明 10人乗り、長崎・五島列島沖で消息絶つ(毎日新聞)
<性別変更夫婦>子供問題改善へ 千葉法相が方針(毎日新聞)
<糖尿病患者>生活習慣改善で脳卒中が減少 厚労省調査(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。